Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学研の電子書籍配信サービスに不正アクセス - 個人情報流出の可能性

学研プラスが運営する電子書籍配信サイト「Beyond Publishing」が不正アクセスを受け、利用者の個人情報が流出した可能性があることがわかった。

同社によれば、電子書籍をはじめとするデジタルコンテンツの配信プラットフォーム「Beyond Publishing」が不正アクセスを受けたもの。同プラットフォームで提供している「学研図書ライブラリー」サービスの利用者最大712人の個人情報が流出した可能性があるという。氏名、ニックネーム、メールアドレスなどが含まれる。

2018年12月19日、同サイトを開発した委託先から脆弱性に関する連絡があり、調査を行ったところ不正アクセスの痕跡を確認。翌20日にサービスを停止した。

同社では、対象となる利用者に連絡するとともに、電話窓口を設置して問い合わせなどに対応している。

(Security NEXT - 2019/01/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

電子たばこ通販サイトに不正アクセス - 偽決済フォーム設置される
KADOKAWAの海外子会社に不正アクセス - ランサムウェアか
職員アカウントが海外より不正アクセス、スパムの踏み台に - 尚絅学院大
「サンリオピューロランド」の運営会社サイトに不正アクセス
富士フイルム、「ランサムウェア」感染と断定 - 身代金要求には応じず
政府のセキュリティ訓練参加者情報が流出 - 委託先ツール経由で
ランサム被害で顧客や関係者の情報が流出した可能性 - サブウェイ
富士フイルムでランサム被害か - 顧客サポートや配送などに影響
職員が人事情報に不正アクセス、職務情報よりPW推測 - 宜野湾市
スキンケア用ソルトのオンラインショップに不正アクセス