Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学研の電子書籍配信サービスに不正アクセス - 個人情報流出の可能性

学研プラスが運営する電子書籍配信サイト「Beyond Publishing」が不正アクセスを受け、利用者の個人情報が流出した可能性があることがわかった。

同社によれば、電子書籍をはじめとするデジタルコンテンツの配信プラットフォーム「Beyond Publishing」が不正アクセスを受けたもの。同プラットフォームで提供している「学研図書ライブラリー」サービスの利用者最大712人の個人情報が流出した可能性があるという。氏名、ニックネーム、メールアドレスなどが含まれる。

2018年12月19日、同サイトを開発した委託先から脆弱性に関する連絡があり、調査を行ったところ不正アクセスの痕跡を確認。翌20日にサービスを停止した。

同社では、対象となる利用者に連絡するとともに、電話窓口を設置して問い合わせなどに対応している。

(Security NEXT - 2019/01/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブサーバが迷惑メール送信の踏み台に - タカラベルモント
従業員メルアカに不正アクセス、スパム踏み台に - 組込機器メーカー
メールサーバがフィッシングメールの踏み台に - 広済堂HD子会社
サーバがランサム被害、UTMの設定不備を突かれる - CRESS TECH
公式Xアカウントが乗っ取り被害 - メガネの愛眼
第三者にメールを閲覧された痕跡、詳細を調査 - 東芝テック
計算用サーバが攻撃の踏み台に、テストアカを侵害 - お茶大
アイドルコンテストのX公式アカウントが乗っ取り被害
サイトに不正アクセス、テスト環境でPW窃取される - 日水コン
福井県の味噌蔵通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出のおそれ