Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スマホ決済のクレカ不正利用対策で検討会 - 経産省

経済産業省は、スマートフォン向け決済サービスにおいて、クレジットカードの不正利用による被害が発生していることを受け、セキュリティ対策のガイドラインについて検討を開始する。

流出したと見られるクレジットカード情報が不正に利用され、スマートフォン決済サービスで被害が発生している問題を受け、年明けより不正利用防止対策ついて議論する業界横断的な検討会を開催するもの。

セキュリティコードの流出を踏まえた不正利用防止策について決済事業者が守るべきセキュリティ対策の水準について検討する。

開催にあたっては、キャッシュレス推進協議会において、QR決済事業者、クレジットカード会社など業界横断的に参加を求め、クレジット取引セキュリティ対策協議会とも連携しつつ、3月末までにガイドラインの取りまとめを目指す。

(Security NEXT - 2018/12/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「サイバーセキュリティ」認知度5割届かず - 3割弱が対策未実施
4割弱の中小企業、改正個情法の内容「知らない」 - 4社に3社は漏洩報告義務把握せず
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
2021年のフィッシング報告、前年比約2.3倍に - 約53.6%がEC系
フィッシングサイト、4月だけで1万件超 - 「au」の悪用報告が4.5倍に
ECサイトの情報流出被害、4割で1000万円超 - 責任範囲や技術の理解乏しく
「情報セキュリティ10大脅威 2022」の組織編含む解説書が公開
不正送金マルウェアの検知数が大きく減少
IPA、「情報セキュリティ10大脅威 2022」の個人編解説書を公開
金融庁、サイバーセキュリティ強化取組方針を改訂