Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スマホ決済のクレカ不正利用対策で検討会 - 経産省

経済産業省は、スマートフォン向け決済サービスにおいて、クレジットカードの不正利用による被害が発生していることを受け、セキュリティ対策のガイドラインについて検討を開始する。

流出したと見られるクレジットカード情報が不正に利用され、スマートフォン決済サービスで被害が発生している問題を受け、年明けより不正利用防止対策ついて議論する業界横断的な検討会を開催するもの。

セキュリティコードの流出を踏まえた不正利用防止策について決済事業者が守るべきセキュリティ対策の水準について検討する。

開催にあたっては、キャッシュレス推進協議会において、QR決済事業者、クレジットカード会社など業界横断的に参加を求め、クレジット取引セキュリティ対策協議会とも連携しつつ、3月末までにガイドラインの取りまとめを目指す。

(Security NEXT - 2018/12/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットバンク利用者3割強が2要素認証を利用 - MMD調査
2020年上半期、捜査機関による開示要請は1822件 - LINE
警察庁、キャッシュレス決済サービスの不正出金で注意喚起 - 便乗詐欺にも警戒を
金融業界の横断的演習「Delta Wall V」を実施 - 金融庁
ウェブサービスの画像認証で15%がログイン断念
「コード決済」の不正な口座紐づけ防止でガイドライン - 3月より検討
データ保護の責任所在 - 日本とアジア地域にギャップ
マイナポイント、約6割が利用したい - 根強い不信感も
国内モバイル端末狙う攻撃が活発化 - 背景に「Roaming Mantis」
2019年のフィッシング報告は約5.6万件 - 前年の2.8倍に