Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイトに不正アクセス、電子カルテなどへの影響なし - 徳島県鳴門病院

徳島県鳴門病院のウェブサイトが不正アクセスを受け、意図しない不正投稿が行われていたことがわかった。電子カルテや個人情報への影響はないという。

同院によれば、11月29日17時ごろ、職員が不正な投稿が行われていることにウェブサイトの管理画面上より気付いたという。投稿はハングルにより記載されていた。

今回の改ざんを受け、同院ではウェブサーバの初期化と再構築を実施。検索エンジンに対し、不正投稿の内容が含まれる検索結果について削除を依頼した。

同院は、今回の不正アクセスにともなう個人情報の流出や、電子カルテシステムへの影響については、否定している。

(Security NEXT - 2018/12/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

医療従事者向け求人サイトにサイバー攻撃 - 個人情報が流出
サイバー攻撃で一部電子カルテを閲覧できず - 金沢西病院
サイバー攻撃で複数システムが停止、バックアップで復旧- 岐阜の病院
ランサム被害の鳴門山上病院、通常診療を再開
偽警告で端末乗っ取り被害、被験者情報流出か - 国立がんセンター
「Emotet」に感染、診療業務には影響なし - 那須南病院
複数メルアカに不正アクアセス、サーバ内に個人情報 - 名大付属病院
利用者や獣医師の個人情報が流出、パスワードも - 犬猫寄生虫情報サイト
患者情報含む医師個人のクラウドアカウントが乗っ取り被害 - 岡大病院
動物病院向け受付システムに不正アクセス - サービスが停止