Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイトに不正アクセス、電子カルテなどへの影響なし - 徳島県鳴門病院

徳島県鳴門病院のウェブサイトが不正アクセスを受け、意図しない不正投稿が行われていたことがわかった。電子カルテや個人情報への影響はないという。

同院によれば、11月29日17時ごろ、職員が不正な投稿が行われていることにウェブサイトの管理画面上より気付いたという。投稿はハングルにより記載されていた。

今回の改ざんを受け、同院ではウェブサーバの初期化と再構築を実施。検索エンジンに対し、不正投稿の内容が含まれる検索結果について削除を依頼した。

同院は、今回の不正アクセスにともなう個人情報の流出や、電子カルテシステムへの影響については、否定している。

(Security NEXT - 2018/12/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メールアカウント3件に不正アクセス、個人情報が流出 - 近大関連会社
職員メルアカに不正アクセス、スパム約3万件が送信される - 北海道大病院
サポート詐欺でPC遠隔操作、内部に個人情報 - 三愛病院
中津市民病院でランサム被害 - 患者情報の流出や診療への影響は否定
サイバー攻撃で患者情報が外部から閲覧可能に - 福岡徳洲会病院
複数サーバがランサム被害、診療に影響なし - 京都府内の病院
欧米当局、ランサム「Hive」を解体 - 捜査官が攻撃インフラに侵入
医療従事者向け求人サイトにサイバー攻撃 - 個人情報が流出
サイバー攻撃で一部電子カルテを閲覧できず - 金沢西病院
サイバー攻撃で複数システムが停止、バックアップで復旧- 岐阜の病院