Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windowsにゼロデイ脆弱性 - ALPC脆弱性と同一人物が再度調整なしにコード公開

Windowsの一部関数に未修正の脆弱性が判明した。実証コード(PoC)が公表されているが、修正プログラムは提供されておらず、セキュリティ機関では注意を呼びかけている。

インストーラに関連付け、ショートカットやレジストリ情報を処理できる「Windows」の関数「MsiAdvertiseProduct」を不正に呼び出し、競合状態を生じさせることによって権限の昇格が生じる脆弱性が明らかとなったもの。

同脆弱性は、「SandboxEscaper」を名乗る研究者が公開。当初GitHub上で実証コード(PoC)を公表したが、すでにページは停止されているという。現在は別のサイトへアップロードしており、誰でも入手可能な状態となっている。

脆弱性を修正するアップデートは提供されておらず、緩和方法なども不明で、セキュリティ機関では注意を呼びかけている。

同研究者は、「アドバンストローカルプロシージャコール(ALPC)」の処理に起因する脆弱性「CVE-2018-8440」「CVE-2018-8584」についても、調整なしに実証コードを公表。脆弱性を悪用したゼロデイ攻撃なども発生した。

(Security NEXT - 2018/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、月例パッチで脆弱性56件に対応 - ゼロデイ脆弱性を解消
MSDTのゼロデイ脆弱性、悪用拡大中 - 「QBot」の拡散にも
「Atlassian Confluence」のアップデートが公開 - すでに悪用済み、要対応
「MSDT」にゼロデイ脆弱性「Follina」 - MSが回避策をアナウンス
「Firefox 98」がリリースに - 脆弱性7件を解消
「Spring Core」にゼロデイ脆弱性「Spring4Shell」の指摘
「Spring4Shell」を修正したアップデートが公開 - 詳細明らかに
Apple、「iOS 15.4.1」「iPadOS 15.4.1」でゼロデイ脆弱性を修正
行政の共通認証「GビズID」、「Spring4Shell」の影響なし
Apple、複数のゼロデイ脆弱性を解消した「macOS Monterey 12.3.1」をリリース