Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オムロンの制御機器向けツールパッケージに複数脆弱性

オムロン製の制御機器向けツールパッケージ「CX-One」に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。アップデートがリリースされている。

同製品は、「PLCプログラミングツール」などをはじめ、FAの設計や運用に必要なツールを提供するパッケージ。今回、「CX-One 4.42」に同梱されている「CX-Programmer 9.66」「CX-Server 5.0.23」に脆弱性が判明した。以前のバージョンも影響を受ける。

これら製品には、細工されたプロジェクトファイルを処理することにより、バッファオーバーフローが生じる「CVE-2018-18993」や、解放済みメモリの使用する「Use After Free」の脆弱性「CVE-2018-18989」が存在。悪用された場合、アプリケーションの権限で任意のコードを実行されるおそれがある。

同社ではアップデートを用意。セキュリティ機関なども注意喚起を行っている。

(Security NEXT - 2018/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware SD-WAN Orchestrator」に複数脆弱性 - 修正版が公開
「Hibernate ORM」に「SQLインジェクション」の脆弱性
「Firefox 83」公開、HTTPS限定モードを追加 - 脆弱性21件を修正
「ウイルスバスタークラウド」に任意のファイルが削除できる脆弱性
Ciscoのセキュリティ管理製品に深刻な脆弱性 - 修正版にも脆弱性
凶暴性増すランサムウェアの裏側 - 今すぐ確認したい「意外な設定」
「Microsoft Edge」にアップデート - ゼロデイ脆弱性に対処
CPU消費電力から暗号化キー解析できる攻撃「PLATYPUS」が判明
「macOS High Sierra」「Mojave」向けにアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
Apple、「macOS Catalina 10.15.7」など公開 - ゼロデイ脆弱性3件を修正