Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも

カスペルスキーは、法人向けウェブゲートウェイセキュリティ対策製品の新版「Kaspersky Web Traffic Security 6.0」を提供開始した。

同ソリューションは、プロキシサーバを経由するウェブトラフィックをスキャンし、脅威をブロックするウェブゲートウェイ製品。

新版では、フィッシング対策機能を追加。画像や言語、特定のスクリプトなど1000超の基準をもとにフィッシングサイトやマルウェア感染サイトを検知し、アクセスを遮断する。

またファイル名や拡張子、ハッシュ値、MIMEタイプなど複数のパラメータに基づくコンテンツフィルタリングを実装しており、フォーマット認識機能により拡張子偽装にも対応。入口対策だけではなく、出口対策としても利用できる。

さらに、管理用のマスターサーバとスキャン処理用のサーバを分離するなど、柔軟なシステム構成に対応。管理対象組織ごとにトラフィック処理ルールを設定することが可能になった。

新規で1年導入した場合、価格は最小構成の10ライセンスで3万672円から。

(Security NEXT - 2018/11/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

GRCプラットフォームの新版を提供 - デルテクノロジーズ
UTMと国内脅威DBの連携ソリューション - キヤノンMJら
IPAとNTT東、テレワークシステムを緊急開発 - 10月末まで無料開放
リモート環境のセキュリティ診断サービスを開始 - セキュアワークス
ゲートウェイに新モデル、OSも強化 - Check Point
クラウド型ウェブゲートウェイにログ分析オプション
トレンド、SaaS型のメールセキュリティサービス - URLのサンドボックス解析に対応
NEC、顔認証によるキャッシュレス決済の実証実験を開始
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
小規模事業所向けにセキュリティGWのMSS - 富士ゼロックス