Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数無線LAN製品に脆弱性「BLEEDINGBIT」 - TI製BLEチップに起因、医療機器にも影響か

Cisco SystemsやAruba Networksなど、企業向けの複数無線LAN製品に搭載されているチップに深刻な脆弱性「BLEEDINGBIT」が含まれていることがわかった。対象となる機器は現在も調査中とされており、医療機器をはじめとする多くのIoT機器に影響が拡大する可能性もある。

20181102_ar_001.jpg
「BLEEDINGBIT」のロゴ

「Texas Instruments(TI)」製の複数「Bluetooth Low Energy(BLE)チップ」にリモートよりコード実行が可能となる2件の脆弱性「CVE-2018-7080」「CVE-2018-16986」が判明したもの。脆弱性を報告したArmisは、これら脆弱性を「BLEEDINGBIT」と命名している。

「CVE-2018-16986」は、BLE経由でリモートよりバッファオーバーフローを生じさせることが可能となる脆弱性で、バックドアの設置などに悪用されるおそれがある。Cisco SystemsやMeraki Networks製のアクセスポイントが影響を受けることが判明した。

また「CVE-2018-7080」は、ファームウェアの更新などに利用される「Over-the-Air Download(OAD)」を有効化している場合に影響を受ける問題で、Aruba Networks製のアクセスポイントに含まれる。

Armisによれば、脆弱なアクセスポイントを使用している場合、近接した環境にいる攻撃者により、認証を必要とせずにアクセスポイント経由で侵入を受けるおそれがあり、従来のセキュリティ対策では攻撃を検出できないという。

(Security NEXT - 2018/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CMSの「Drupal」に複数の脆弱性 - アップデートがリリース
WP向けプラグイン「File Manager」脆弱性、国内でも悪用被害
MS、「Office for Mac」向けに定例外アップデート
「Adobe Media Encoder」に3件の脆弱性 - アップデートが公開
脆弱性「Zerologon」でドメイン管理者権限奪取のおそれ - 詳細明らかに
MobileIronのMDM関連脆弱性、PoCリリースでリスク上昇
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
脆弱なファイル管理用WPプラグインを狙う攻撃を国内で観測
「TLS 1.2」以前に「Raccoon Attack」のおそれ - OpenSSL、F5などが対処
「Office 2010」のサポート終了まで1カ月 - 「Office 2016 for Mac」も