Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント

アズジェントは、コネクテッドカー向けの「ECU(Electronic Control Unit)」について、開発段階でセキュリティに関するテストを行えるプラットフォームを2019年第1四半期より提供開始する。

イスラエルのKaramba Securityが開発したプラットフォーム「ThreatHive」を国内OEMやTier1向けに提供するもの。

同プラットフォームでは、開発中のECUソフトをクラウド上の仮想マシンで稼働。脆弱性について調査することが可能。価格はオープン。

(Security NEXT - 2018/10/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

エフセキュアと加賀FEI、IoT機器のセキュ診断で協業
特権ID管理ソリューションに新版 - ログ改ざん検知機能を追加
ゼロトラスト実現に向けたロードマップ作成サービス - SBT
フィッシング詐欺やスパイウェアに対応 - Norton最新シリーズ
ライムライト、CDNサービスによるコンテンツ保護サービスに新機能
MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ
独自の認定資格「認定脆弱性診断士」をスタート - GSX
ウェブエンジニア向けにセキュア開発の学習サービス - Flatt Security