Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント

アズジェントは、コネクテッドカー向けの「ECU(Electronic Control Unit)」について、開発段階でセキュリティに関するテストを行えるプラットフォームを2019年第1四半期より提供開始する。

イスラエルのKaramba Securityが開発したプラットフォーム「ThreatHive」を国内OEMやTier1向けに提供するもの。

同プラットフォームでは、開発中のECUソフトをクラウド上の仮想マシンで稼働。脆弱性について調査することが可能。価格はオープン。

(Security NEXT - 2018/10/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Log4Shell」の有無やログ内の攻撃痕跡を無料調査 - SHIFT SECURITY
サプライチェーンのセキュリティ評価サービスを機能強化 - NRIセキュア
米Transmit SecurityのPWレス認証製品を国内展開 - ラック
Akamai、WAFとAPI防御を統合したWAAP「App & API Protector」を発表
個人用ESETに新バージョン - 上位Windows版にクラウドサンドボックス
富士通とトレンド、コネクテッドカーのセキュリティ対策で協業
ホスト型WAFに新版、Cookie保護を強化 - JP-Secure
「PCI PIN Security」の準拠支援や審査サービス - NRIセキュア
脆弱性管理など必要時のみ利用できる新ライセンス体系 - エフセキュア
防御演習「CYDERオンライン」ベータ版受講者を募集 - NICT