Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント

アズジェントは、コネクテッドカー向けの「ECU(Electronic Control Unit)」について、開発段階でセキュリティに関するテストを行えるプラットフォームを2019年第1四半期より提供開始する。

イスラエルのKaramba Securityが開発したプラットフォーム「ThreatHive」を国内OEMやTier1向けに提供するもの。

同プラットフォームでは、開発中のECUソフトをクラウド上の仮想マシンで稼働。脆弱性について調査することが可能。価格はオープン。

(Security NEXT - 2018/10/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

インシデント関連データの可視化ツールをGitHubで公開 - WithSecure
特権ID管理製品に新版、不審接続確認できるダッシュボード機能
手動依存の脱却目指した新プラットフォーム「Cortex XSIAM」を発表 - パロアルト
バグを修正した「EmoCheck v2.1.1」をリリース - JPCERT/CC
レノボ、テレワーク保険を付帯した「ThinkPad」シリーズを発売
(ISC)²とNTT-ATが提携強化 - SSCPのトレーニングを日本語化
組織のセキュリティ対応方針を支援するサービス - サイバーリーズン
「Emotet」の感染や個人情報流出調査を無償提供 - SHIFT SECURITY
SaaS設定不備の対策支援サービスを開始 - NEC
不正端末利用を防ぐ「eSIM」を開発 - NTTコムとトレンド