Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

データ解析ツール「Metabase」にXSSの脆弱性

データ解析を行うオープンソースソフトウェア「Metabase」に脆弱性が含まれていることがわかった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、クロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性「CVE-2018-0697」が明らかとなったもの。

同脆弱性は「同0.29.3」や以前のバージョンに存在し、ログインしているユーザーのブラウザ上で任意のスクリプトを実行されるおそれがある。

STNetの渡邉優太氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。

セキュリティ機関では脆弱性が解消されている最新版へアップデートするよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/10/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「OpenSSL」にサービス拒否の脆弱性 - 次期更新で修正予定
「Node.js」にコマンドインジェクションの脆弱性 - Windows環境に影響
「Chrome」に3件の脆弱性 - アップデートが公開
ビデオ会議サービス「Zoom」のクライアントソフトに脆弱性
MS、4月の月例パッチで脆弱性147件に対応 - 1件は悪用済み
「WordPress 6.5.2」が公開 - XSS脆弱性を修正
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 複数製品の脆弱性を修正
Adobe、9製品にアップデート - 3製品に「クリティカル」の脆弱性
「FortiOS」に3件の脆弱性 - アップデートにて修正
WP向けeラーニングプラグインに再度深刻な脆弱性が判明