Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、アップデート「iOS 12.0.1」をリリース - バグや脆弱性を修正

Appleは、アップデート「iOS 12.0.1」をリリースし、複数のバグへ対応したほか、2件の脆弱性に対処した。

20181009_ap_001.jpg
2件の脆弱性へ対処した「iOS 12.0.1」

今回のアップデートでは、「iPhone XS」において充電や無線LAN接続に関するバグを解消したほか、「iOS 12」におけるiPadのキー配置を以前へ戻した。またiPhone 5SでSMSなどが送信できなくなる問題へ対応している。

セキュリティ面では、ローカル環境においてロック画面を回避することが可能となる「VoiceOver」の脆弱性「CVE-2018-4380」を修正。

またロックされたデバイスにおいても共有が可能となる「Quick Look」の脆弱性「CVE-2018-4379」を解消したという。

(Security NEXT - 2018/10/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットワーク管理製品「Aruba AirWave Glass」に複数の深刻な脆弱性
「PAN-OS」に情報漏洩など複数脆弱性が判明
Drupalにアップデート、ライブラリの脆弱性へ対処
NECの複数ルータ製品に脆弱性 - アップデートがリリース
Pepperl+FuchsやComtrolの制御機器に脆弱性 - ファームウェアの更新を
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
「Chrome 88.0.4324.96」で36件のセキュ修正 - 深刻な脆弱性も
Oracle、「Java SE」の脆弱性1件を修正
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、四半期ごと定例アップデートを公開 - 脆弱性202件に対応