Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信で委託先担当者情報など流出 - 東京都公園協会

東京都は、東京都公園協会でメールの誤送信があり、公園の維持管理を委託している事業者の担当者情報などが流出したことを公表した。

都によれば、9月21日16時半ごろ、委託事業者131社へ送信したメールにおいて送信ミスが発生したもの。

送信先を誤って宛先に設定したため、委託事業者の会社名と担当者名、およびメールアドレスが受信者間で閲覧できる状態となった。

翌22日に受信者からの連絡で誤送信が判明。同協会では同月25日に対象となる事業者へ謝罪し、誤送信したメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2018/09/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

取引先の担当者情報含むファイルを誤送信 - リクルート
受託事業者がメール誤送信、児童支援事業登録者のメアド流出 - 大阪府
イベント案内メールを誤送信、メアドが流出 - 滋賀県
メール誤送信、移住相談関係者のメアド流出 - 南砺市
心理検査結果を個人PCに送信、誤って31市町にも - 静岡県
メアドを入力ミス、第三者にメールを誤送信 - 新潟県
メール誤送信、宛先候補に表示された類似メアドに - 大阪市
イベント中止連絡のメールを「宛先」「CC」で送信 - 佐用町
大阪府立支援学校でメール誤送信 - 約1カ月後の指摘で問題把握
体験入学申込者宛のメールで誤送信 - 大阪府立高校