Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PHPに脆弱性、セキュリティ更新がリリース - 不正プログラムをインストールされる可能性も

脆弱性の判明を受けて、米MS-ISACの「CIS(Center for Internet Security)」では、利用者へ注意を促すアドバイザリを発行した。

脆弱性の悪用は確認されていないが、今後悪用された場合、最悪のケースでは任意のコードを実行され、攻撃者によって不正なプログラムをインストールされるおそれがあると指摘。

さらにデータの改ざん、あたらしいアカウントの作成、サービス拒否に陥る可能性もあるとしている。

政府機関、企業などに影響があるとして、適切なテストを実施した上で最新版へアップデートするよう注意喚起を行っている。

お詫びと訂正:本記事初出時の記載に誤りがありました。「同7.0.32」および「同5.6.38」に脆弱性があるとの表現がありましたが、これらバージョンで脆弱性への対処が実施されました。ご迷惑をおかけした読者、関係者のみなさまにお詫びし、訂正いたします。

(Security NEXT - 2018/09/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

RTOS「Zephyr」のBLEスタックに8件の脆弱性
複数のOSSメッセージブローカーにサービス拒否の脆弱性
日立の仮想ファイルプラットフォームに脆弱性 - NECにも影響
「Chrome」にアップデート、ゼロデイ脆弱性を修正
「Firefox 89.0.1」が公開 - 脆弱性1件を修正
続くVPN機器への攻撃 - 「修正済み」のつもりが無防備だったケースも
「EC-CUBE 3.0」向け複数プラグインに脆弱性 - 一部はすでに悪用も
「AED」などの医療機器のリモート管理ソフトに深刻な脆弱性 - 米政府が注意喚起
Apple、「iOS 12.5.4」をリリース - 悪用報告ある脆弱性2件を修正
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース