Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

電力供給が回復、自家発電の再稼働も視野に - さくら

北海道地震の影響で石狩データセンターにて自家発電を行っていたさくらインターネットは、電力供給が回復したとして、自家発電を停止した。

同社では、9月8日に北海道電力による電力供給が回復したことを受けて電力源を切り替え、同日14時過ぎに自家発電を停止した。

一方道内全体で電力不足の状況は続いており、広く節電が呼びかけられているが、同社は不測の事態に備え、自家発電設備の再稼働を視野にいれた体制を継続すると説明。輪番停電に対しても協力する姿勢を示している。

また同社では、これまで自家発電用の燃料調達を進めてきたが、9月8日に給油を完了している。

(Security NEXT - 2018/09/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

名義変更ハガキを旧名義人に誤送付、システム不備で - 東電EP
ランサム被害で情報流出、対象範囲を追加 - みんな電力
メール送信したファイルに無関係の発電事業者データ - 東京電力PG
インフラ事業者対象に脆弱性や情報漏洩のチェックサービス
ファイルサーバがランサム被害、情報流出の可能性 - みんな電力
顧客情報記載の工事伝票を紛失 - 中部電力パワーグリッド
「電力需給ひっ迫注意報」に便乗するフィッシング攻撃が発生
インフラ関係者9割超、サイバー攻撃による産業制御システムの中断を経験
東京電力の「くらしTEPCO web」装うフィッシング攻撃が発生中
電柱敷地所有者の個人情報含む帳票が所在不明 - 中電ネット