Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発

次いで多く検出されたのは、ブラウザ上で不正な広告を表示するJavaScriptベースのマルウェアファミリーである「JS/Adware.Agent」で、前月の1.7倍に拡大した。

5月、6月は「JS/Adware.Agent.U」「JS/Adware.Agent.T」の検出が中心だったが、7月上旬に活動を停止。

7月下旬にあらたな亜種「JS/Adware.Agent.AA」が登場し、従来亜種の数倍の規模で流通たことから、検出数が拡大したという。

20180910_ci_001.jpg
JS/Adware.Agentの検出数推移(グラフ:CITS)

(Security NEXT - 2018/09/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2022年4Qのセキュ相談 - 「偽警告」「不正ログイン」関連が増加
正規の「リモート管理ソフト」が攻撃者のバックドアに - 米政府が警戒呼びかけ
2022年4Qインシデント件数は減少 - ウェブ改ざんなど減少
取材や講演会依頼装う標的型攻撃 - 「コロナで中止」とつじつま合わせ
政府、年末年始のセキュリティ対策で注意喚起
年末年始に向けてセキュリティ体制のチェックを
IPA、独政府「産業制御システムの10大脅威」の日本語版を公開 - チェックリストも
ランサム検知数が前年の約2.8倍に - カスペまとめ
個情委への漏洩報告が約3倍に - 医療機関や不正アクセスなどに起因
一時操業停止にも至ったサイバー攻撃 - 侵入口は廃棄直前の「VoIP GW」