Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発

7月は、ブラウザ上で不正広告を表示する「JS/Adware.Agent」が前月の1.7倍と急増した。7月後半に登場した亜種が活発な活動を見せたという。

ESET製品を取り扱うキヤノンITソリューションズが、7月の国内におけるマルウェアの検出動向を取りまとめたもの。

7月に国内でESET製品によって検出されたマルウェアの件数は、前月とほぼ同水準だった。検出数が最多だったのは前月と変わらず「VBA/TrojanDownloader.Agent」で、全体の14.9%にのぼる。

同マルウェアは、「Visual Basicベース」のダウンローダーで、メールに「Wordファイル」や「Excelファイル」として添付され、拡散している。

(Security NEXT - 2018/09/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

総務省、「NOTICE」調査を拡大 - 試行パスワードを約600種類に
政府の脆弱IoT機器調査「NOTICE」、2月20日から - イメージキャラクターにカンニング竹山さん
新コロ便乗、2Qに急増 - 不正サイト誘導14.6倍に
サイトアクセスから不審端末絞り込むシステム - OKI
クラウドセキュリティ市場、高成長を予測 - IDC Japan
偽不在通知SMSをクリックするとどうなる? - 動画で紹介
新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
マルウェア遭遇リスク、日本は世界で下から8番目
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査