Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Ghostscript」脆弱性、悪用コード公開済み - 修正版は9月後半

PDFの出力など画像処理に使われる「Ghostscript」に脆弱性が判明した問題で、すでに悪用コードが出回っている。パッチが公開されているが、対策版のリリースは9月後半となる見込みだという。

同ソフトウェアは、Artifex Softwareが開発を手がける「PostScript」や「PDF」などの出力に利用されるオープンソースのインタープリタ。

「-dSAFERオプション」による保護が回避される脆弱性が存在し、脆弱性を悪用されると任意のコマンドを実行されるおそれがある。

すでに悪用コードが公開されている。公開リポジトリ上で修正され、パッチを入手することが可能だが、同パッチを反映した修正版のリリースは9月下旬となる見込みだという。

セキュリティ機関では修正パッチを適用して再コンパイルしたものを利用するか、修正版がリリースされるまで「Ghostscript」の利用を停止するなど、対策を講じるよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/08/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ
MS、定例外で2件のアップデートをリリース
「phpMyAdmin」に「SQLi」や「XSS」の脆弱性
AMDのオーバークロックソフトやグラフィックドライバに脆弱性
eコマースプラットフォーム「Magento」に複数の深刻な脆弱性
パロアルト製品に複数の脆弱性 - 深刻なRCE脆弱性も
QNAP製NASのアプリに深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
「Outlook」にRCE脆弱性 - プレビューだけで悪用のおそれ
MS、月例パッチで脆弱性87件を修正 - 6件が公開済み
「Apache Tomcat」に情報漏洩の脆弱性 - 更新を