Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールアカウントが不正アクセス被害、スパムの踏み台に - システム開発会社

システム開発を手がけるシステムフロンティアは、従業員のメールアカウントが不正アクセスを受け、迷惑メール送信の踏み台に利用されたことを明らかにした。

同社によれば、6月15日に従業員のメールアカウントが不正アクセスを受け、不特定多数に対する迷惑メールが送信されたという。

また、一部受信メールが閲覧され、メールに含まれる氏名とメールアドレス15件が漏洩した。

同社では、不正アクセスを受けたメールアカウントのパスワードを変更。その後、不正利用は発生していないという。

(Security NEXT - 2018/08/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

会員管理システムにサイバー攻撃、情報流出の可能性 - 日本栄養士連盟
関連機関サイトに不正アクセス、CMSに不正プラグイン - 富山県立大
LEDライト通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
教員アカウントに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 創価大
ワコムのネットショップで個人情報流出の可能性 - クレカ情報の窃取も
コスメ通販サイトに不正アクセス - 旧システムで被害
外部指摘で4年以上前の不正アクセスが判明 - 美容関連出版社
サイトが改ざん被害、送受信メールも流出の可能性 - システム開発会社
米子会社に不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 東京化成工業
健食通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出し、悪用された可能性