Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールアカウントが不正アクセス被害、スパムの踏み台に - システム開発会社

システム開発を手がけるシステムフロンティアは、従業員のメールアカウントが不正アクセスを受け、迷惑メール送信の踏み台に利用されたことを明らかにした。

同社によれば、6月15日に従業員のメールアカウントが不正アクセスを受け、不特定多数に対する迷惑メールが送信されたという。

また、一部受信メールが閲覧され、メールに含まれる氏名とメールアドレス15件が漏洩した。

同社では、不正アクセスを受けたメールアカウントのパスワードを変更。その後、不正利用は発生していないという。

(Security NEXT - 2018/08/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「マンション・ラボ」に不正アクセス - 記事ページが改ざん被害
2025年日本国際博覧会協会に不正アクセス - フィッシングの踏み台に
青学通販サイトに不正アクセス - クレカ情報のほか会員情報なども被害か
動画サービス「Hulu」に断続的なPWリスト攻撃
クラウドサーバに不正アクセス、フィッシングの踏み台に - 岡山大
東映ビデオの通販サイトで情報流出か - クレカ会社と見解に相違
フィッシング被害で顧客情報流出のおそれ - ダイワボウグループ会社
ゆうちょ銀「mijicaサイト」で不正ログインか - 一部で機械的な画面遷移
プラセンタ販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
慶大でシステム障害、一部学科で授業開始できず - 不正アクセスか