Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

WordPressの脆弱な追加機能狙う攻撃 - サイト間感染のおそれも

攻撃対象となった「Ultimate Member」は、10万件以上のサイトに導入されている人気プラグイン。8月10日に公開された「同2.0.23」で修正されたばかりのアップローダーに関する脆弱性が早くも狙われた。

さらに今回の攻撃では、脆弱なテーマやプラグインを利用していないサイトであっても、間接的に影響が及ぶ可能性もあり、注意が必要だ。

脆弱性を悪用して挿入されるコードには、同じサーバ内に存在する書き込み可能なファイルを検索して感染を拡大する機能を搭載。

ファイルのユーザー権限に依存するが、侵害されたサイトと同じ管理者のサイトなど、脆弱なテーマやプラグインはもちろん、「WordPress」を導入していない環境であっても、改ざんされるおそれがある。

またサイト間の感染がいったん生じると、部分的な対処では再感染を引き起こすため、駆除が難しくなるという。

(Security NEXT - 2018/08/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
さよなら「Adobe Flash Player」 - 年末でサポート終了
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
メールセキュ製品「InterScan Messaging Security」に複数の脆弱性
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
NETGEAR製スイッチの管理画面にCSRFの脆弱性
「JetBrains ToolBox」に深刻な脆弱性 - 開発者とNVDでわかれる評価
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
「Drupal」にRCE脆弱性 - アップロードされたファイルの確認も