Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

WordPressの脆弱な追加機能狙う攻撃 - サイト間感染のおそれも

コンテンツマネジメントシステム(CMS)の「WordPress」で利用される一部テーマやプラグインの脆弱性によってウェブサイトが改ざんされる被害が多数サイトで確認された。同じサーバ内で運用される別のサイトに感染が拡大するおそれもあるという。

攻撃を確認したSucuriによれば、「WordPress」向けに提供されているテーマ「tagDiv」の2年前に修正された脆弱性や、プラグイン「Ultimate Member」であらたに明らかとなった脆弱性を悪用してサイトを改ざんし、外部サイトへリダイレクトさせる攻撃が、8月以降多数検知されているという。

誘導先の不正サイトでは、偽の「reCAPTCHA」を表示していたほか、アクセスしたユーザーにブラウザ通知を許可するよう求める。

また侵害されたサイトでは、マルウェアを感染させることを目的としたスクリプトが外部から読み込まれていた。

同社が確認したところ最初に確認されたスクリプトは1700件以上、1週間後に追加されたスクリプトも500件以上のサイトに埋め込まれていた。さらに別のスクリプトが埋め込まれるケースもあるとしている。

(Security NEXT - 2018/08/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

HPE Crayスーパーコンピューターに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.37」で独自修正した脆弱性を追加 - 評価の逆転現象も
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「「クリティカル」の脆弱性に対処
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開
「OpenSSL」にスクリプトインジェクションの脆弱性 - アップデートが公開
攻撃者視点でネットワークをテストするサービス - ユービーセキュア
テキストエディタ「vim」に深刻な脆弱性 - パッチがリリース
SVG形式を変換するNode.jsパッケージに複数の脆弱性
Foxit、複数脆弱性を解消した「Foxit PhantomPDF 10.1.8」を公開