Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、バグハンター向けに勉強会 - 発見や届け出のポイントなどを解説

情報処理推進機構(IPA)は、脆弱性を探索するバグハンターを対象とした「ホワイトハッカー勉強会 初級編」を9月26日に都内で開催する。

同イベントは、脆弱性発見者のスキルアップや適切な脆弱性情報の流通を目指して開催するもの。脆弱性調査ツールを用いて脆弱性を発見するポイントや、届け出手続きでトラブルが生じないようにするための注意点などを解説する。また脆弱性を取り巻く法制度などの動向について説明するほか、質疑応答も行う予定。

脆弱性の発見に興味がある人や、発見した脆弱性の取り扱いがわからない人、より深刻な脆弱性を発見したい人などを対象としている。参加条件は特に設定されていないが、事前登録が必要。

会場は同機構で定員は50人。先着順で受け付ける。イベントの詳細や申し込みは同機構のウェブサイトから。

(Security NEXT - 2018/08/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Drupal」に複数脆弱性 - サードパーティ製ライブラリに起因
F5がセキュリティアップデート - 脆弱性25件を修正
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 26件の脆弱性を解消
Google、深刻な脆弱性に対処した「Chrome 97.0.4692.99」をリリース
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 約500件の脆弱性に対応
PHP向けメールフォームプログラムに脆弱性 - 昨年の更新で修正済み
「Java SE」に18件の脆弱性 - 定例パッチで修正
キヤノン製レーザープリンタや複合機にXSS脆弱性
Zohoの端末管理製品に深刻な脆弱性 - バグ報奨金制度通じて報告
Check Pointのエンドポイントソフトに権限昇格のおそれ