Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

組織内部に潜伏する脅威を可視化するサービス - 日商エレ

日商エレクトロニクスは、組織の内部ネットワークにおけるトラフィックを分析し、システム内に潜む脅威を調査するサービスを提供開始した。

今回サービスを開始した「潜伏脅威診断サービス」は、同社が取り扱うVectra Networksの「Xシリーズ」を活用し、システム内におけるサイバー攻撃の脅威を可視化するサービス。

内部ネットワークのトラフィックを一定期間モニタリングして、疑わしい振る舞いや、危険なホストを検知。監視結果を分析し、対策の提案を含めた診断レポートを提供する。クライアントにエージェントを導入することなく、調査を行うことが可能。

料金は1回あたり81万円から。同社では、2018年度に20件、2020年度に50件の導入を目指し、サービスを展開していく。

(Security NEXT - 2018/08/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CSIRTの業務支援サービスを開始、フォレンジック調査も - MIND
複数テナント管理やSBOM読込に対応した脆弱性管理ツール
AWS向けFWマネージドサービスの国内展開を開始 - パロアルト
パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
インシデント関連データの可視化ツールをGitHubで公開 - WithSecure
攻撃者視点でネットワークをテストするサービス - ユービーセキュア
サイバー防御演習「CYDER」の受講申込受付を開始 - NICT
銀行のサイバーセキュリティに特化したパッケージ - イエラエ
(ISC)²とNTT-ATが提携強化 - SSCPのトレーニングを日本語化
クラウド処理を活用、「PAN-OS 10.2 Nebula」をリリース - パロアルト