Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Intelチップに脆弱性「Foreshadow」 - クラウドVM間で情報漏洩のおそれも

Intelの主要プロセッサに、投機的実行においてサイドチャネル攻撃が可能となるあらたな脆弱性「L1 Terminal Fault(L1TF)」が明らかとなった。脆弱性が悪用されるとクラウドのVM間で情報漏洩が生じるおそれもある。

20180815_fo_001.jpg
「Foreshadow」のロゴ

「L1TF」は、「Meltdown」や「Spectre」と同様の投機的実行におけるサイドチャネル攻撃が可能となる脆弱性。

1月8日に報告され、その後協調的に対応が進められてきた。Intelによると、8月14日の時点で悪用は確認されていないという。

「Intel Software Guard Extensions(Intel SGX)」をサポートする一部プロセッサが影響を受けるもので、コア内にある「L1データキャッシュ」よりデータが漏洩するおそれがある。

脆弱性を報告した研究者は、同脆弱性を「Foreshadow」と命名。作家が文学作品で、後半のストーリーを暗示する「伏線(foreshadowing)」を張りつつも、オチを明らかにしないことになぞり、プロセッサでは機密情報が保護される一方で、将来的に実行される内容をヒントに再構築できることから「Foreshadow」と名付けたとしている。

(Security NEXT - 2018/08/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

macOS向けアップデート - 複数脆弱性を修正
狙われる「Telerik UI for ASP.NET AJAX」の既知脆弱性
「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
「Chrome」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
WordPress向けショッピングカートプラグインに脆弱性 - 任意のファイルを閲覧されるおそれ
VMwareのログ管理ツールに複数の深刻なRCE脆弱性
米政府、「ManageEngine」の脆弱性に対する攻撃に注意喚起
「GitHub Enterprise Server 3.7.4」が公開 - Gitの脆弱性に対処
Apple、アップデート「iOS 16.3」などを公開 - 複数脆弱性を修正
「Drupal」のコアやモジュールに脆弱性 - 情報漏洩のおそれ