Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

【訂正あり】「Oracle Database」にあらたな脆弱性、一部バージョンは7月のパッチで修正済み

Oracleは、「Oracle Database Server」に関するあらたな脆弱性「CVE-2018-3110」を公表した。パッチを用意する一方、一部は7月に公開済みのパッチで修正済みであり、未適用の場合は早急にアップデートを行うよう注意喚起を行っている。

サーバに不正侵入されるおそれがある脆弱性「CVE-2018-3110」を明らかにし、注意喚起を行ったもの。脆弱性の悪用の有無については言及していない。

同脆弱性は、悪用には認証が必要となるものの、共通脆弱性評価システム「CVSS v3」におけるスコアは「9.9」と高い値になっており、遅延なく対策を講じるよう強く求めている。

同社では、Windows上で動作する「同12.2.0.1」「同11.2.0.4」に対してパッチを用意。

一方、「Windows」環境の「同12.1.0.2」および「Linux」「Unix」環境については、7月の定例アップデート「クリティカルパッチアップデート(CPU)」を公開した際、同脆弱性の影響を示していなかったものの、同パッチですでに修正済みであると説明。早急な適用を求めている。

お詫びと訂正:本記事初出時の記載で、パッチの提供状況に関する記載に誤りがあり、記事をアップデートしました。ご迷惑をおかけした読者、関係者のみなさまにお詫びし、訂正いたします。

 

(Security NEXT - 2018/08/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 26件の脆弱性を解消
Google、深刻な脆弱性に対処した「Chrome 97.0.4692.99」をリリース
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 約500件の脆弱性に対応
PHP向けメールフォームプログラムに脆弱性 - 昨年の更新で修正済み
「Java SE」に18件の脆弱性 - 定例パッチで修正
キヤノン製レーザープリンタや複合機にXSS脆弱性
Zohoの端末管理製品に深刻な脆弱性 - バグ報奨金制度通じて報告
Check Pointのエンドポイントソフトに権限昇格のおそれ
トレンドの法人向けエンドポイント製品に複数脆弱性
「VMware Workstation」「VMware Horizon Client」にサービス拒否の脆弱性