Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正

Oracleは、定例アップデート「クリティカルパッチアップデート(CPU)」をリリースした。CVEベースで334件の脆弱性を修正している。

20180718_or_001.jpg
四半期に1度の「CPU」をリリースしたOracle

今回のアップデートでは、「Oracle Database Server」や「Java SE」「MySQL」をはじめ、「Oracle Financial Services」「Oracle E-Business Suite」「Fusion Middleware」「Enterprise Manager」「Oracle PeopleSoft」「Oracle Virtualization」など幅広い製品に対応したもの。

CVEベースで334件の脆弱性を修正しており、205件に関しては、認証なくリモートより攻撃が可能な脆弱性となっている。

共通脆弱性評価システム「CVSS v3」でスコアが「7.0」以上の「緊急」または「重要」とされる脆弱性は、あわせて169件。これらの約56%が同社製品以外の脆弱性だとしている。また「CVSS v3」のスコアが「9.0」以上となる深刻な脆弱性に限ると、同社製品以外が9割を占めるという。

同社では、利用者に対してサポートされているバージョンを確認し、すみやかにアップデートを適用し、脆弱性を修正するよう呼びかけている。

なお、次回の定例アップデートの公開は米国時間2018年10月16日を予定している。

(Security NEXT - 2018/07/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Cisco UCS Director」など複数Cisco製品に深刻な脆弱性
「HTTP/2」の実装に複数脆弱性 - DoS攻撃手法が明らかに
「Bluetooth」に暗号化強度下げる「KNOB攻撃」が判明
「Apache Tomcat 9.0.24」が公開 - 「HTTP/2」向けに保護機能
「Apache HTTPD 2.4.41」がリリース - 「HTTP/2」関連など脆弱性6件を修正
スイッチ「Cisco Small Business 220」に複数の深刻な脆弱性
日本語などテキスト処理に脆弱性、Win XP以降に存在 - 報告者が詳細公表
「Firefox」にマスターパスワード認証が回避されるおそれ - アップデートを実施
F5製「BIG-IP」、構成によっては侵害のおそれ - 利用企業は早急に確認を
Adobe CC関連アプリに脆弱性 - 一部「クリティカル」も