Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱なERP、機密情報流出のおそれ - 「SAP」「Oracle EBS」など標的に

企業の経営管理で機密情報やビジネスプロセスを扱う「ERPシステム」だが、管理の甘い脆弱なシステムが攻撃者のターゲットになっているとして、米国土安全保証省の国家サイバーセキュリティ通信統合センター(NCCIC)やUS-CERTでは注意を呼びかけている。

管理が甘い「SAP」や「Oracle E-Business Suite」などの「ERP」が攻撃対象となっているとするOnapsisやDigital Shadowsの調査を受けて、注意喚起を行ったもの。

指摘された脅威は、「ERPシステム」におけるあらたな脆弱性ではなく、「SAP NetWeaver Application Server Java(SAP NetWeaver AS)」におけるサーブレット「Invoker」の脆弱性「CVE-2010-5326」をはじめ、「SOAP RFC」の悪用や脆弱なパスワードなど、さまざまな既知の脅威に起因したものだという。

攻撃者が高度な手法を用いなくとも「ERPシステム」への侵入が可能となり、ビジネスにおける機密情報を取得されたり、プロセスが制御されるといった被害や、他システムへアクセスするための踏み台として悪用されるおそれがあるとしている。

(Security NEXT - 2018/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SAP、1月の月例パッチをリリース - 深刻な脆弱性へ対処
「Apache Tomcat」にソースコード漏洩のおそれ - 11月更新版で修正済み
トレンドの法人向けエンドポイント製品に複数脆弱性 - CVSS値が最高値の脆弱性も
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
Adobeがアップデートを公開 - 7製品に脆弱性
MS、2021年最初の月例セキュリティパッチを公開 - 一部で悪用も
「SKYSEA Client View」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
「Microsoft Edge 87.0.664.75」がリリース - 脆弱性13件を修正
脆弱性に対処した「Thunderbird 78.6.1」をリリース
PHPにセキュリティ更新 - 「PHP 7.4.14」「同7.3.26」が公開