Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache Tomcat」にDoS攻撃やMITM攻撃受けるおそれ - アップデートで修正

「Apache Tomcat」に複数の脆弱性が含まれているとして、The Apache Software Foundationは、脆弱性を解消したアップデートをリリースした。一部は5月のアップデートですでに修正済みだという。

影響を受ける脆弱性はバージョンによって異なるが、あわせて4件の脆弱性が明らかになったもの。

同製品におけるコネクタ「New I/O API(NIO)」「More New I/O APIs(NIO.2)」において、コネクション管理に不備があり、セッションが別の接続で再利用される脆弱性「CVE-2018-8037」が判明したもの。重要度は、4段階中2番目にあたる「重要(Important)」。

さらにTLS接続でホスト名を検証せず、マンインザミドル攻撃を受けるおそれがある脆弱性「CVE-2018-8034」や、「CORSフィルタ」のデフォルト設定に問題がある「CVE-2018-8014」など、重要度がもっとも低い「低(Low)」とレーティングされている脆弱性2件が存在するという。

(Security NEXT - 2018/07/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Drupal」に複数脆弱性 - サードパーティ製ライブラリに起因
F5がセキュリティアップデート - 脆弱性25件を修正
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 26件の脆弱性を解消
Google、深刻な脆弱性に対処した「Chrome 97.0.4692.99」をリリース
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 約500件の脆弱性に対応
PHP向けメールフォームプログラムに脆弱性 - 昨年の更新で修正済み
「Java SE」に18件の脆弱性 - 定例パッチで修正
キヤノン製レーザープリンタや複合機にXSS脆弱性
Zohoの端末管理製品に深刻な脆弱性 - バグ報奨金制度通じて報告
Check Pointのエンドポイントソフトに権限昇格のおそれ