Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ビジネスパーソンの3割が「ランサムウェア」を認知 - 内容理解は1割強

ビジネスパーソンにおける「ランサムウェア」の認知度は約3割だが、内容まで理解している割合は12%にとどまることがわかった。

NEXERとテックウインドが共同で、アンケートサイトの登録者を対象に5月15日から同月31日にかけて調査を実施し、結果を取りまとめたもの。ビジネスパーソンを対象としており、991人が回答した。

「ランサムウェア」を知っているか尋ねたところ、30.5%が「知っている」と回答。さらに「知っている」とした回答者を対象に、マルウェアを解説した5種類の選択肢から、ランサムウェアの説明文を選択するよう求めたところ、正答率は38.4%で全調査対象者の約12%にとどまったという。

20180719_tw_001.jpg
今回の調査で用いられた選択肢

(Security NEXT - 2018/07/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
クラウドでのデータ侵害、構成ミスが8割強 - IBM調査
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
セキュ投資少ない企業、インシデント潜在化のリスク
中堅企業4社に1社、直近3年間にセキュ事故経験
2019年のマルウェア届出は259件 - 18件で被害
2割弱の中小企業が被害経験 - 「攻撃対象となる可能性高い」6.2%
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
10月は「Emotet」が急増 - 3カ月間の休止経て