Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一部メルマガに顧客情報を誤記載 - サンルートホテル

相鉄ホテルマネジメントは、同社が運営するサンルートホテルチェーンの一部メールマガジンにおいて、顧客情報を誤って記載していたことを明らかにした。

同社によれば、6月29日17時ごろに配信したメールマガジン「SUNROUTE NEWS」において、宛名などの誤記載が発生したもの。配信直後に、受信した顧客から問い合わせがあり判明した。

問題のメールマガジンでは、宛名やポイント残高、ステージランクなどを記載しているが、6621件において別の顧客の氏名を宛名として記載。また宛名とステージランクの両方が誤って記載されたケースが1369件あった。

同社では原因について、配信対象者を絞り込む作業において、人的ミスによりデータを入れ違えたためと説明している。

同社では、宛名の誤記載があったメールを受信した顧客に対し、説明と謝罪のメールを送信。個人情報保護委員会への報告を行っている。

(Security NEXT - 2018/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
再委託先で2度にわたりメール送信ミス - 新潟県
緊急事態宣言にともなうキャンセルメールで誤送信 - NEXCO東日本
委託先でメール誤送信、セミナー申込者のメアド流出 - 埼玉県
新型コロナ陽性者リストが流出、アクセス権設定でミス - 福岡県
検討会の傍聴申込メールを誤送信 - 総務省
8月に発生したメール誤送信を公表 - 響愛学園
コロナ宿泊療養施設で患者情報を誤送信 - 奈良県
メディア宛メールで誤送信、宛先にアドレス記載 - GPIF
委託先でメール誤送信、セミナー参加者のメアド流出 - 新潟県