Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

リッチモンドホテルの顧客情報が流出 - FastBookingへの不正アクセス影響で

アールエヌティホテルズは、予約サイトを運営する委託先が不正アクセスを受け、リッチモンドホテルの顧客情報が流出したことを明らかにした。

同社によれば、委託先である仏FastBookingが管理、運用するサーバが不正アクセスを受けたもので、英語で提供する同予約サイト経由で予約した顧客情報が流出した。

6月15日に発生した不正アクセスでは、顧客の氏名や住所、国籍、メールアドレス、予約金額、予約ホテル名、チェックインとチェックアウトの日程など個人情報が流出。さらに17日の不正アクセスでクレジットカードの名義やクレジットカード番号、カード有効期限などが流出した。

28店舗では、2017年8月以前に予約した顧客の個人情報とクレジットカード情報5782件が流出。3店舗では2017年5月から2018年6月までのクレジットカード情報479件が被害に遭ったという。

(Security NEXT - 2018/06/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

研究成果公表サイトが改ざん、サイトを停止 - 愛媛大
ランサムウェア被害で顧客情報流出の可能性 - コンサル事業者
ECシステムへの不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 寿司通販サイト
「エヴァンゲリオン」公式通販サイト、クレカやPWなど流出のおそれ
経済同友会、複数端末に不正アクセス - サーバのアラート契機に発覚
サイトが改ざん被害、残存した旧CMSの脆弱性が標的に - サンメディア
通販サイトへの不正アクセス、クレカ流出の調査結果が判明 - グラントマト
骨盤ベルト通販サイトに不正アクセス - クレカ情報など流出した可能性
利用ECシステムへ不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - 杏林堂薬局
コンタクト専門店のTwitterアカウントが乗っ取り被害