Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

リッチモンドホテルの顧客情報が流出 - FastBookingへの不正アクセス影響で

アールエヌティホテルズは、予約サイトを運営する委託先が不正アクセスを受け、リッチモンドホテルの顧客情報が流出したことを明らかにした。

同社によれば、委託先である仏FastBookingが管理、運用するサーバが不正アクセスを受けたもので、英語で提供する同予約サイト経由で予約した顧客情報が流出した。

6月15日に発生した不正アクセスでは、顧客の氏名や住所、国籍、メールアドレス、予約金額、予約ホテル名、チェックインとチェックアウトの日程など個人情報が流出。さらに17日の不正アクセスでクレジットカードの名義やクレジットカード番号、カード有効期限などが流出した。

28店舗では、2017年8月以前に予約した顧客の個人情報とクレジットカード情報5782件が流出。3店舗では2017年5月から2018年6月までのクレジットカード情報479件が被害に遭ったという。

(Security NEXT - 2018/06/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サーバが攻撃の踏み台に、CMS導入ファイル狙われる - 茨大工学部同窓会
2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
電子たばこ通販サイトに不正アクセス - 偽決済フォーム設置される
KADOKAWAの海外子会社に不正アクセス - ランサムウェアか
職員アカウントが海外より不正アクセス、スパムの踏み台に - 尚絅学院大
「サンリオピューロランド」の運営会社サイトに不正アクセス
富士フイルム、「ランサムウェア」感染と断定 - 身代金要求には応じず
政府のセキュリティ訓練参加者情報が流出 - 委託先ツール経由で
ランサム被害で顧客や関係者の情報が流出した可能性 - サブウェイ
富士フイルムでランサム被害か - 顧客サポートや配送などに影響