Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

全日空のiOSアプリに脆弱性 - 中間者攻撃受けるおそれ

全日空が提供するiOS向けアプリ「ANA」に中間者攻撃を受けるおそれがある脆弱性が含まれていることがわかった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、同アプリには、SSLサーバ証明書を正しく検証しない脆弱性「CVE-2018-0611」が存在するという。中間者攻撃により、通信内容を盗聴されたり、改ざんされるおそれがある。

同脆弱性は、NTTコミュニケーションズの東内裕二氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施。脆弱性が修正済みとなっている最新版「同4.0.25」へのアップデートが呼びかけられている。

(Security NEXT - 2018/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

8月公表の「Apache Struts 2」脆弱性、NVD評価は「クリティカル」
「McAfee Web Gateway」に権限昇格など深刻な脆弱性
「ServerProtect for Linux」に「OSコマンドインジェクション」の脆弱性
脆弱性「Zerologon」の悪用確認 - 侵害封じ込めが困難に、影響多大のため早急に対策を
Windows向けの旧版「ウイルスバスタークラウド」に複数脆弱性
深刻な脆弱性「Zerologon」、「Samba」にも影響 - 設定確認を
セキュリティ修正10件含む「Chrome 85.0.4183.121」がリリース
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
「Firefox 81」が公開、複数脆弱性を修正 - 延長サポート版も更新
CMSの「Drupal」に複数の脆弱性 - アップデートがリリース