Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング報告数が2700件と高水準 - 「Apple」関連が約65%

フィッシング対策協議会は、5月に2701件のフィッシングの報告が寄せられたことを明らかにした。「Apple」を装うケースが65%を占めたという。

同協議会によれば、5月のフィッシング報告数は2701件。前月の1897件から804件増加した。2018年を見ると、800件台だった前半から3月以降、1908件となった3月、さらに5月と急激に増加。2935件となった2016年2月以来、27カ月ぶりに2000件を超えた。

一方でフィッシング攻撃に悪用されたURLは524件となり、前月の577件から53件の減少。悪用されたブランド件数は4件増加して34件だった。

5月は「Apple」をかたるケースが多く、報告全体の約65%を占めており、同じ文面やURLで大量に何度も配信される傾向が見られたという。また、「LINE」や仮想通貨関連サービスを装うフィッシングも報告されている。

メールアカウントの詐取を目的としたフィッシング攻撃も確認されており、不正メール送信の踏み台やなりすまし、情報漏洩などの被害につながるおそれもあるとして、注意を呼びかけている。

20180604_pt_001.jpg
フィッシング報告数とURLの動向。同協議会の発表をもとに作成

(Security NEXT - 2018/06/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2021年3Qはインシデントが約25.9%増 - 「サイト改ざん」が倍増
コロナ禍で進む大学のデジタル化 - 4割強でトラブルを経験
9月のフィッシングサイト、前月比約26%減 - やや落ち着くも高水準
JIPDECとフィ対協、メーラーの「S/MIME」対応状況を調査
2021年上半期の不正送金は376件 - 半数以上がOTP利用も被害
フィッシング報告が初の5万件超、毎分約1.2件 - URL数も記録更新
IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など
フィッシングサイトが増加 - 1カ月あたり8000件超、過去最多
2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
コロナ禍2度目の夏期休暇 - パッチチューズデーと重なるおそれも