Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

横河電機のPLC計装システム「STARDOMコントローラ」に脆弱性

横河電機のPLC計装システム「STARDOMコントローラ」に認証情報がハードコードされている脆弱性が判明した。同社やセキュリティ機関では注意を呼びかけている。

「FCJ」「FCN-100」「FCN-RTU」「FCN-500」において、「アカウントID」や「パスワード」がハードコードされている脆弱性「CVE-2018-10592」が判明したもの。

同製品へアクセス可能な第三者が脆弱性を悪用することによりログインが可能となり、ログイン後には任意のコマンドを実行されるおそれがある。

同社では、脆弱性を修正した「FCJ R4.10」「FCN R4.10」をリリース。更新内容を確認し、総合的に判断した上でアップデートを検討するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/06/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

DB管理ツール「phpMyAdmin」にアップデート - 脆弱性など解消
「McAfee Enterprise」のWindows向けエージェントに複数の脆弱性
「Microsoft Edge 97.0.1072.69」がリリースに - 一部独自修正も
「Drupal」に複数脆弱性 - サードパーティ製ライブラリに起因
F5がセキュリティアップデート - 脆弱性25件を修正
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 26件の脆弱性を解消
Google、深刻な脆弱性に対処した「Chrome 97.0.4692.99」をリリース
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 約500件の脆弱性に対応
PHP向けメールフォームプログラムに脆弱性 - 昨年の更新で修正済み
「Java SE」に18件の脆弱性 - 定例パッチで修正