Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一部サービスでパスワードの正誤関係なく認証可能に - NTTPC

NTTPCコミュニケーションズが提供する一部サービスの契約内容変更用ウェブサイトにおいて、一時パスワードの正誤に関係なくログインできる状態だったことがわかった。

20180605_nt_001.jpg
契約内容変更ページで不具合が発生した「WebARENA」

同社によれば、「WebARENA共用ホスティングサービス」と「プライベートブランドダイヤルアップIP接続サービス」の契約内容を変更するために用意されたウェブサイトで不具合が発生したもの。正しいパスワードはもちろん、誤ったパスワードを入力した場合もログインできる状態だったという。

同社によると、5月29日に顧客から指摘があり、問題へ気が付いたという。「WebARENA共用ホスティングサービス」では、5月12日18時から29日13時にかけて不具合が発生。

同サービスの「契約内容変更サービス」に登録されている契約者氏名、住所、連絡先などが閲覧可能だった。同サービスでは約6万件のIDが発行されているが、71件のIDにおいて情報が流出した可能性がある。

(Security NEXT - 2018/06/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報流出の可能性示す痕跡を発見、最大対象件数を算出 - リニカル
「エヴァンゲリオン」公式通販サイト、クレカやPWなど流出のおそれ
Twitterが乗っ取り被害、DM履歴に顧客情報 - ホビー製作販売会社
コンタクト専門店のTwitterアカウントが乗っ取り被害
複数教員のメールアカウントに不正アクセス - 名古屋大
「KLab ID」で約3000件の不正ログイン - 2段階認証を必須化
サーバがスパム送信の踏み台に、個人情報流出は否定 - 静岡大
脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス
LINEのQRコードログインに2要素認証バイパスの脆弱性 - 悪用被害も
医師のクラウドアカウントに不正アクセス - 愛知県がんセンター