Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

WordPress用レビュープラグインにXSSの脆弱性

コンテンツマネジメントシステム(CMS)のWordPress向けに提供されているプラグイン「Site Reviews」に脆弱性が含まれていることがわかった。

Gemini Labsが提供する同プラグインにおいて、「クロスサイトスクリプティング(XSS)」の脆弱性「CVE-2018-0603」が明らかになったもの。ログインしているブラウザ上で任意のスクリプトを実行されるおそれがある。

東京電機大学の内田啓太氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施。5月18日に公開された「同2.15.3」以降で修正されている。

(Security NEXT - 2018/05/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「macOS」向けにゼロデイ脆弱性を修正するアップデート
Apple、「iOS 14.8」「iPadOS 14.8」を公開 - 悪用報告ある脆弱性2件を修正
「EC-CUBE」の一覧画面をカスタマイズするプラグインに脆弱性
画像処理ソフト「Ghostscript」にRCE脆弱性 - パッチの適用を
LINEのQRコードログインに2要素認証バイパスの脆弱性 - 悪用被害も
「Microsoft Edge」に脆弱性、アップデートがリリース
「Citrix Hypervisor」に5件の脆弱性 - ゲストVMよりホストが侵害されるおそれ
VPN機器8.7万台分の認証情報が公開 - Fortinetが注意喚起
「WordPress 5.8.1」が公開に - 3件のセキュリティ修正
Zohoの「ManageEngine ADSelfService Plus」に脆弱性 - すでに悪用も