Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「bitFlyer」を装うフィッシング - アカウント情報や仮想通貨を詐取

仮想通貨取引所の「bitFlyer」を装い、アカウント情報や仮想通貨をだまし取ろうとするフィッシング攻撃が発生している。

20180524_ap_001.jpg
誘導先のフィッシングサイト(画像:フィ対協)

フィッシング対策協議会によれば、問題のフィッシングメールは、「スマート認証」「安全確認」「重要なお知らせ」など複数の件名で送信。

メールの本文では、「異常な動作を検知した」「不審なアクティビティを検出した」などと説明。「アカウントを停止」「強制的に凍結」など、あたかもサービスが利用でくなるかのように不安を煽り、メールのリンクから偽サイトへ誘導していた。

誘導先のフィッシングサイトでは、ログインページを装ったページでアカウント情報をだまし取り、さらに「安全のため、BTCを新しいセーフティアドレスまで移転してください」などとして、仮想通貨を攻撃者のビットコインアドレスへ送信させようとしていた。

同フィッシングサイトは、5月24日の時点で稼働が確認されており、同協議会では閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似した攻撃に注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

書き溜めたメモが消える!? - 「自動退会処理」とだます「Evernote」のフィッシングに注意
「さくらのクラウド」利用者狙ったフィッシングに注意 - 電話認証なども詐取
ヤマト運輸を装うメールやなりすましサイトに注意を
SB、スミッシング対策を無償提供 - アルファベット発信元の拒否にも対応
フィッシング攻撃、地域密着の信販会社を立て続けに標的に
東京電力の「くらしTEPCO web」装うフィッシング攻撃が発生中
ゆうちょ銀装うフィッシング攻撃 - 24時間以内のアクセス求める
住信SBIネット銀行の利用者狙うフィッシングに注意
「フィッシング対策協議会」を装うフィッシング攻撃に注意
米政府、北朝鮮関連グループの攻撃に注意喚起 - 標的は暗号通貨やNFT関連