Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

県立施設の指定管理者がメール誤送信、個人情報やメアド流出 - 神奈川県

神奈川県は、県立足柄ふれあいの村においてメール誤送信が発生し、ボランティアの個人情報やメールアドレスが流出したことを公表した。

同県によれば、同施設の指定管理者職員が、5月15日15時半ごろボランティア登録希望者1人に対し送信したメールにおいて誤送信が発生したもの。

送信メールの「CC」欄に、ボランティア登録者12人のメールアドレスを誤って入力したため、本来送られるはずのない12人にも送信された。同メールには、本来の送信先であるボランティア登録希望者1人の氏名や住所、電話番号、年齢、性別、学校名、最寄り駅などの個人情報が記載されていた。また、同メールの受信者間でメールアドレスが閲覧できる状態だった。

同指定管理者では、対象となるボランティア希望者と登録者に対し謝罪し、誤送信したメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2018/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

医療関係者のメールアドレスリストを案内メールに誤添付 - 科研製薬
メール送信ミスでセミナー参加者のメールアドレスが流出 - 神奈川県
BCCのメールアドレスをメール本文にも貼り付けるミス - 東京都中央卸売市場
運営を受託するビジネス施設の会員メールアドレスが流出 - 静岡鉄道
講演案内メールでメアド流出、7回送信 - 照明学会
県内医療機関に対するメールで誤送信 - 香川県
県立高で成績一覧表を誤送信、無意識に保存したファイルと取り違え - 茨城県
ワクチン大規模接種案内メールを「CC」送信 - 恵那市
個別送信の設定し忘れでメールアドレスが流出 - タカラレーベン
学童保育所で個人情報含むメールを保護者に誤送信 - 八千代市