Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Facebookページに第三者が不正投稿、すでに復旧 - メディアドゥHD

電子書籍の取次事業などを展開するメディアドゥホールディングスのFacebookページにおいて、第三者によるなりすまし投稿が行われたことがわかった。すでに復旧している。

同社によれば、5月10日21時過ぎ、同社Facebookページを管理する管理者個人のアカウントが不正アクセスを受け、第三者により投稿が行われたという。

同社では、不正投稿の判明後、投稿内容にアクセスしないようウェブサイトで注意喚起を行うとともにFacebookへ連絡を取るなど対応を進めていたが、5月12日に復旧した。

不正な投稿は、中国語による通販らしきもので1件のみだったという。同社では不正投稿の原因となった個人アカウントが不正アクセスを受けた原因について調べている。

(Security NEXT - 2018/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
情報セキュ監査人が選定した2021年のセキュリティトレンド
コロナ禍ではじめて迎える冬期長期休暇 - あらためてセキュ対策の確認を
11月のフィッシング報告、初の3万件台で過去最多 - 上位5ブランドで9割
自治体防災メール、送信ドメイン認証「SPF」に9割対応 - 「DMARC」は1割強
10月のフィッシング報告、過去最高更新 - URLは約17%減
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」
フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
衰え見せぬフィッシング攻撃 - 報告、URLともに最多記録を更新