Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

主要OSなどに権限昇格の脆弱性 - 各社アップデートで対応

Intelのハードウェアアーキテクチャ上で動作する複数のOSやハイパーバイザーにおいて、デバッグ例外を適切に処理せず、権限の昇格が生じるおそれがあるとしてセキュリティ機関が注意を呼びかけた。

WindowsやMac、Linuxなど、主要OSやハイパーバイザーにおいて、デバッグ例外の処理に問題があり、特権の昇格が生じるおそれがある脆弱性「CVE-2018-8897」が含まれていることが明らかになったもの。

特定の状況下における命令処理の流れによっては、リング0など本来より高いリングレベルでデバッグ例外の処理が行われるおそれがあるという。

脆弱性が悪用されると、より高い権限で操作が行われたり、メモリ情報へアクセスされるおそれがある。

(Security NEXT - 2018/05/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に
Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「クリティカル」の脆弱性に対処
2022年における危険な脆弱性タイプのトップ25が明らかに
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
「Cisco ESA」などに深刻な脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
「Comodo Antivirus」に脆弱性の指摘 - 研究者が公開
Mozilla、最新ブラウザ「Firefox 102」をリリース - 脆弱性19件を修正
HPE Crayスーパーコンピューターに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.37」で独自修正した脆弱性を追加 - 評価の逆転現象も
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開