Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Drupal」脆弱性で感染を拡大するボット「Muhstik」見つかる

感染後に2種類のプログラムがダウンロードされるが、Drupalが稼働するウェブサイトより配信されており、送信元のIPアドレスはワールドワイドに広く分散していたという。また11件のコマンド&コントロールサーバに関する情報がコードから見つかっている。

攻撃グループは、「Drupal」以外にも「Weblogic」や「WordPress」などの脆弱性を突く6種類のエクスプロイトを悪用。脆弱性の状況を調べ、外部サイトに脆弱性の状況を通知していた。またSSHによりスキャンする機能を備える。

ワームとして感染を拡大するほか、永続的に動作するようプログラムされていた。また仮想通貨をマイニングするためのプログラムをインストールさせたり、DDoSなどに悪用していると見られる。

(Security NEXT - 2018/04/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

OpenSSLに複数脆弱性 - 対処したアップデートが公開
監査ログ分析管理ツール「ADAudit Plus」、深刻な脆弱性の詳細が明らかに
「Chrome」に緊急アップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に
Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「クリティカル」の脆弱性に対処
2022年における危険な脆弱性タイプのトップ25が明らかに
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
「Cisco ESA」などに深刻な脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
「Comodo Antivirus」に脆弱性の指摘 - 研究者が公開
Mozilla、最新ブラウザ「Firefox 102」をリリース - 脆弱性19件を修正