Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Drupal」脆弱性で感染を拡大するボット「Muhstik」見つかる

コンテンツマネジメントシステム「Drupal」に深刻な脆弱性「CVE-2018-7600」が見つかった問題で、ボットネットが感染を拡大する際に同脆弱性を悪用していたことがわかった。

同脆弱性に関しては、実証コードが公開された4月12日以降、悪用が観測されているが、攻撃を観測したQihoo 360 Netlabによれば、少なくとも3グループが同脆弱性を悪用していたという。

そのなかの1グループがボットに脆弱性を悪用するエクスプロイトを実装。現在は活動を停止しているが、ワームとして感染拡大に脆弱性を利用していたという。

ボットは「Tsunami」の亜種と見られ、同社では、バイナリファイルの名称やIRCチャンネルから「Muhstik」と命名している。

(Security NEXT - 2018/04/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

VMwareのアクセス管理製品に深刻な脆弱性 - パッチは準備中
「ウイルスバスター for Mac」旧版に複数脆弱性
Google、「Chrome 87」で33件のセキュリティに関する修正を実施
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
「VMware SD-WAN Orchestrator」に複数脆弱性 - 修正版が公開
「Hibernate ORM」に「SQLインジェクション」の脆弱性
「Firefox 83」公開、HTTPS限定モードを追加 - 脆弱性21件を修正
「ウイルスバスタークラウド」に任意のファイルが削除できる脆弱性
Ciscoのセキュリティ管理製品に深刻な脆弱性 - 修正版にも脆弱性
凶暴性増すランサムウェアの裏側 - 今すぐ確認したい「意外な設定」