Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Drupal」脆弱性で感染を拡大するボット「Muhstik」見つかる

コンテンツマネジメントシステム「Drupal」に深刻な脆弱性「CVE-2018-7600」が見つかった問題で、ボットネットが感染を拡大する際に同脆弱性を悪用していたことがわかった。

同脆弱性に関しては、実証コードが公開された4月12日以降、悪用が観測されているが、攻撃を観測したQihoo 360 Netlabによれば、少なくとも3グループが同脆弱性を悪用していたという。

そのなかの1グループがボットに脆弱性を悪用するエクスプロイトを実装。現在は活動を停止しているが、ワームとして感染拡大に脆弱性を利用していたという。

ボットは「Tsunami」の亜種と見られ、同社では、バイナリファイルの名称やIRCチャンネルから「Muhstik」と命名している。

(Security NEXT - 2018/04/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Drupal」に複数脆弱性 - サードパーティ製ライブラリに起因
F5がセキュリティアップデート - 脆弱性25件を修正
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 26件の脆弱性を解消
Google、深刻な脆弱性に対処した「Chrome 97.0.4692.99」をリリース
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 約500件の脆弱性に対応
PHP向けメールフォームプログラムに脆弱性 - 昨年の更新で修正済み
「Java SE」に18件の脆弱性 - 定例パッチで修正
キヤノン製レーザープリンタや複合機にXSS脆弱性
Zohoの端末管理製品に深刻な脆弱性 - バグ報奨金制度通じて報告
Check Pointのエンドポイントソフトに権限昇格のおそれ