Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

消費生活センターからの通知文書に名簿を誤って同封 - 堺市

大阪府堺市は、消費生活センターが発送した通知文書において、個人情報を記載した名簿が誤って同封されていたことを明らかにした。

同市によれば、「大阪府消費のサポーター」の登録者38人に対し、同センターが行う出前講座や講演会を依頼する書面を4月16日に送付した際、個人情報を含む名簿を誤って同封していたもの。

誤送付した名簿には、登録者38人の氏名や住所、電話番号、生年、日中の連絡先などが記載されていた。17日に書類の受領者から連絡があり判明した。

同市では、対象となる登録者に謝罪し、誤送付した名簿の回収を行っている。

(Security NEXT - 2018/04/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

避難行動要支援者台帳に別人の個人情報 - 鹿島市
ふるさと納税の受納証明書600人分を別人へ誤送付 - みやき町
ふるさと納税関連書類を誤送付、封入ミスで - 雨竜町
郵送チケットに宛名と別人の氏名など記載 - アパレル会社
水道利用者のクレカ情報含む書類が所在不明 - 札幌市水道局
特典発送で委託先が宛名シールを二重貼り、個人情報流出 - LINE
過去宛先不明の住所に口座番号変更通知書を送付、所在不明に - 中央労働金庫
個人情報記載の乳がん検診受診票を誤送付 - 墨田区
個人情報の誤開示やメールの誤送信が発生 - 大阪府
個人情報含む国民健康保険の申請書を誤送付 - 郡山市