Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

消費生活センターからの通知文書に名簿を誤って同封 - 堺市

大阪府堺市は、消費生活センターが発送した通知文書において、個人情報を記載した名簿が誤って同封されていたことを明らかにした。

同市によれば、「大阪府消費のサポーター」の登録者38人に対し、同センターが行う出前講座や講演会を依頼する書面を4月16日に送付した際、個人情報を含む名簿を誤って同封していたもの。

誤送付した名簿には、登録者38人の氏名や住所、電話番号、生年、日中の連絡先などが記載されていた。17日に書類の受領者から連絡があり判明した。

同市では、対象となる登録者に謝罪し、誤送付した名簿の回収を行っている。

(Security NEXT - 2018/04/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客への連絡メール誤送信でメアド流出 - スポーツ用品メーカー
マルウェアに感染でなりすましメール - 浄水器販売会社
個人情報含む書類を紛失、誤廃棄の可能性 - 大阪府
保健所で感染症法関連書類の誤送付が発生 - 大阪府
特別定額給付金の通知書に他人の口座情報 - 取手市
税額決定通知書を異なる事業所へ誤送付 - 西宮市
就学支援金支給停止通知など書類の誤送付が発生 - 新潟県
県立病院や高校における個人情報の処理ミスを公表 - 新潟県
卒業証明書を封入ミスで誤送付 - 中京大
農村地域生活アドバイザー関連書類を一時紛失、関係者宅で見つかる - 新潟県