Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

消費生活センターからの通知文書に名簿を誤って同封 - 堺市

大阪府堺市は、消費生活センターが発送した通知文書において、個人情報を記載した名簿が誤って同封されていたことを明らかにした。

同市によれば、「大阪府消費のサポーター」の登録者38人に対し、同センターが行う出前講座や講演会を依頼する書面を4月16日に送付した際、個人情報を含む名簿を誤って同封していたもの。

誤送付した名簿には、登録者38人の氏名や住所、電話番号、生年、日中の連絡先などが記載されていた。17日に書類の受領者から連絡があり判明した。

同市では、対象となる登録者に謝罪し、誤送付した名簿の回収を行っている。

(Security NEXT - 2018/04/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

子会社の事務所倉庫で顧客情報含む伝票が所在不明に - 村田機械
従業員の顔画像含む認証機器が所在不明 - システム開発会社
印字プログラム不具合で書類に別会員の口座情報 - 歯科コンサル会社
福祉センターで生活保護受給者の個人情報を誤送付 - 栃木県
小学校において要二次検診者名簿が所在不明 - 川崎市
未発送のローン残高通知ハガキ、従業員が処理に困り裁断 - 東山口信金
マイナンバー含む書類を異なる事業所へ誤送付 - 土健保
宛名と異なる住所へ給付金決定通知書を送付 - 鎌倉市
保育所利用者の配布書類裏面に別人の個人情報、割込印刷後に誤操作 - 船橋市
印刷通販サイトの情報流出 - 外部調査であらたな対象者が判明