Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Minecraft」の脆弱性狙う破壊型マルウェア - 5万アカウント以上で被害か

問題の悪意ある「スキン」は、Minecraftの正規サイトにもアップロードでき、実際に公開されていたという。

Avastが把握しているだけで、ロシアやウクライナ、米国などにおいて過去30日間に約5万件のMinecraftアカウントが感染していた。

Avastによれば、今回悪用された脆弱性はすでにMojangへ報告済みで、修正作業が進められているとしている。

20180418_av_001.jpg
悪意あるスキンの感染状況(画像:Avast)

(Security NEXT - 2018/04/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

消費者庁が「サポート詐欺」に注意喚起 - MSロゴなど悪用
「Emotet」感染後の対応、「駆除」だけでは不十分
「ノートン360」の上位製品に個人情報流出の通知機能
政府、ISP経由で国内Emotet感染者に注意喚起
33%がPWを使い回し、52%は似たPWを再利用 - F-Secure調査
法人向けESETエンドポイント製品のWindows版に新版 - 暗号化製品も追加
EDR運用サービスに復旧支援対応など追加 - NRIセキュア
ランサムウェア「Ziggy」も活動中止 - 復号ツールも登場
ランサムウェア「Fonix」が活動停止 - 謝罪して復号鍵を公開
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック