Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

県立病院になりすまし電話、研修医の個人情報聞き出す - 新潟県

新潟県立坂町病院において、医師を装う者から電話があり、誤って事務員が研修医の個人情報を口頭で伝えていたことがわかった。

同県によれば、4月17日15時ごろ、医師を名乗る者から同病院に勤務していた研修医の個人情報を聞き出そうとする電話があったという。対応した事務員は口頭で、2014年6月以降に勤務した研修医52人の氏名と携帯電話番号を伝えていた。

電話の終了後、不審に思った上長が電話の内容について確認し、虚偽の問い合わせであったことが判明。同県では関係する研修医に対し、説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2018/04/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カプコン、ランサム被害を公表 - 個人情報最大36.4万件を窃取された可能性
親族名乗る第三者に恩給受給者の住所を漏洩 - 総務省
日本医師会で「Emotet」感染 - 「なりすましメール」出回る
なりすまし医師に患者の電話番号を漏洩 - 札幌医科大
なりすまし医師から電話、患者の携帯番号伝える - 福島県立医科大病院
アカウントが乗っ取り被害、フィッシング踏み台に - マウスコンピューター
N国代表、個人情報不正入手で書類送検 - 「相手が開示した」と説明
端末1台にマルウェア、情報流出の可能性 - 農産加工品販売業者
フィッシング攻撃でアカウント乗っ取り、メールが不正転送 - 弘前大
長野県、なりすまし職員に公文書渡す - 確認口頭のみで