Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Emotet」感染で情報流出、なりすましメールが送信 - ライオン

生活用品メーカー大手のライオンは、グループ会社従業員のパソコンがマルウェア「Emotet」に感染し、メール情報を窃取され、同社従業員を装ったなりすましメールが送信されたことを明らかにした。

同社によれば、同社グループ会社従業員のパソコンがマルウェア「Emotet」に感染したことが2月2日に確認されたもの。メールサーバよりメールアドレスを含むメール情報を窃取され、同社従業員を装ったなりすましメールが複数送信されたという。また感染端末から同社や外部関係者に関する氏名やメールアドレスなどの情報も外部に流出したと見られている。

送信されたなりすましメールは、送信者として同社従業員の氏名が記載されていたものの、同社以外のメールアカウントより送信されていた。暗号化されたZIP形式のマルウェアファイルが添付されている。

同社は、同社従業員を名乗るメールに注意し、なりすましメールを受信した場合は、添付ファイルや本文中のURLを開かずに削除するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/02/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に
2020年度の国内WAF市場、前年度比15.9%増
東京都、若年層向けにSNSトラブル防止動画コンテストを開催
イベント参加者への案内メールでメアドが流出 - 酒田市
宛名と異なる住所へ給付金決定通知書を送付 - 鎌倉市
IoTセキュリティがテーマのワークショップをハイブリッドで開催 - TCG
2022年における危険な脆弱性タイプのトップ25が明らかに
ビューカードのオンライン会員サービスで不正ログイン被害
若手国際CTFで日本人含むアジアチームが好成績 - 言葉や準備不足乗り越え奮闘
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に