Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Emotet」感染で情報流出、なりすましメールが送信 - ライオン

生活用品メーカー大手のライオンは、グループ会社従業員のパソコンがマルウェア「Emotet」に感染し、メール情報を窃取され、同社従業員を装ったなりすましメールが送信されたことを明らかにした。

同社によれば、同社グループ会社従業員のパソコンがマルウェア「Emotet」に感染したことが2月2日に確認されたもの。メールサーバよりメールアドレスを含むメール情報を窃取され、同社従業員を装ったなりすましメールが複数送信されたという。また感染端末から同社や外部関係者に関する氏名やメールアドレスなどの情報も外部に流出したと見られている。

送信されたなりすましメールは、送信者として同社従業員の氏名が記載されていたものの、同社以外のメールアカウントより送信されていた。暗号化されたZIP形式のマルウェアファイルが添付されている。

同社は、同社従業員を名乗るメールに注意し、なりすましメールを受信した場合は、添付ファイルや本文中のURLを開かずに削除するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/02/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

入学予定者の個人情報、発送するも委託先に届かず - 東京外国語大
JSSEC、3月に「セキュリティフォーラム2024」開催 - 「生成AI」などテーマに
ヘアケアツール通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
ライブラリ「libuv」にSSRFの脆弱性 - アップデートで解消
国際作戦で「LockBit」の一部関係者を逮捕 - 復号鍵など押収
相続相談会の関連帳票が所在不明に - 大阪司法書士会
「LockBit」の被害ファイルを復号できるかチェックするツール
「VMware拡張認証プラグイン」に脆弱性 - 削除か無効化を
メールアカウント3件に不正アクセス、個人情報が流出 - 近大関連会社
エレコム製の複数無線「LAN」ルータに3件の脆弱性