Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を

Cisco Systems製スイッチの設定ツールを狙った攻撃のリスクが高まっているが、同社は原因となる「Cisco Smart Install」が、デフォルトで有効化されていることをあらためて強調し、利用者へ注意を呼びかけている。

20180417_cs_001.jpg
深刻な脆弱性「CVE-2018-0171」(画像:Cisco Systems)

スイッチの設定を行ったり、IOSイメージの管理を行うツール「Cisco Smart Install Client」において利用するプロトコル「Cisco Smart Install」の誤用が存在しており、悪用する動きが広がっているもの。

管理者の意図しないイメージへの置き換え、コマンドの実行など行われるおそれがあり、実際に「国レベルの攻撃」が原因と見られる被害も発生している

また「Cisco Smart Install Client」に関しては、重要度「深刻」のバッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2018-0171」が判明しており、同脆弱性を悪用するコードが確認されている。さらに探索行為の増加も観測されるなどリスクが高まっており、同社や複数機関から注意喚起が行われている。

(Security NEXT - 2018/04/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

さよなら「Adobe Flash Player」 - 2020年末でサポート終了
アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
メールセキュ製品「InterScan Messaging Security」に複数の脆弱性
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
NETGEAR製スイッチの管理画面にCSRFの脆弱性
「JetBrains ToolBox」に深刻な脆弱性 - 開発者とNVDでわかれる評価
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
「Drupal」にRCE脆弱性 - アップロードされたファイルの確認も