Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者や研修医など個人情報5.7万件が所在不明 - 大崎市民病院

宮城県の大崎市民病院において、患者や研修医の個人情報が保存されたハードディスクが所在不明になっている。約5万7000件の個人情報が保存されていたという。

同院によれば、院内事務室のパソコンに接続していたポータブルハードディスクの所在がわからなくなっているもの。4月2日7時過ぎに紛失へ気が付いた。ハードディスクには、研修医が学会や研修会で使用するために抽出したデータを保存していたという。

具体的には、2004年から2017年にかけて扱った患者の個人情報として約4万3500人分の氏名と病名、約4000人分の氏名と住所、約500人分の氏名と住所、病名が含まれる。また、研修医関係の個人情報約3000人分と、研修参加者の個人情報約2000人分、個人識別符号約4000人分なども保存していた。

3月30日19時過ぎにパソコンのログから接続が確認されているが、以降の所在がわからないという。同日より紛失に気が付くまでの期間中、事務室では人事異動にともなう事務机などの配置変えが行われていたことから、その際に紛失した可能性が高いと説明している。

同院では、紛失の対象となる患者や関係者を特定したうえで、個別に説明と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2018/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中学校生徒の個人情報含む修学旅行のしおりを紛失 - 仙台市
中学校で災害共済給付制度の同意書が所在不明に - さいたま市
自宅で業務のため持ち出したUSBメモリを紛失 - 静岡県
チーム医療の書類を一時紛失、駅ビルで拾得 - 横市大付属病院
小学校と中学校で個人情報の紛失が判明 - 尼崎市
高額療養費支給申請書を紛失、ゴミと取り違えられた可能性 - 川崎市
高校で生徒の進路希望先を記載した一覧表を紛失 - 三重県
介護保険の高額合算療養費申請書約2500件を紛失 - 横浜市
小学校で名簿紛失、家庭訪問で持ち出した際に - 堺市
顧客情報含む業務用PCを帰宅時に紛失 - サンケイビル