Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者や研修医など個人情報5.7万件が所在不明 - 大崎市民病院

宮城県の大崎市民病院において、患者や研修医の個人情報が保存されたハードディスクが所在不明になっている。約5万7000件の個人情報が保存されていたという。

同院によれば、院内事務室のパソコンに接続していたポータブルハードディスクの所在がわからなくなっているもの。4月2日7時過ぎに紛失へ気が付いた。ハードディスクには、研修医が学会や研修会で使用するために抽出したデータを保存していたという。

具体的には、2004年から2017年にかけて扱った患者の個人情報として約4万3500人分の氏名と病名、約4000人分の氏名と住所、約500人分の氏名と住所、病名が含まれる。また、研修医関係の個人情報約3000人分と、研修参加者の個人情報約2000人分、個人識別符号約4000人分なども保存していた。

3月30日19時過ぎにパソコンのログから接続が確認されているが、以降の所在がわからないという。同日より紛失に気が付くまでの期間中、事務室では人事異動にともなう事務机などの配置変えが行われていたことから、その際に紛失した可能性が高いと説明している。

同院では、紛失の対象となる患者や関係者を特定したうえで、個別に説明と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2018/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

事務所移転時に健診予約者情報含むPCを紛失
ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
年末年始に個人情報の紛失3件が判明 - 大阪市
2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
料金払込票を一時紛失、配送センター洗浄室で回収 - ミニストップ
送迎リスト紛失、車上に置いて走行 - 高齢者福祉施設
障害福祉サービス事業所利用者の個人情報を漏洩 - 横浜市
個人情報含む可能性のある公文書が所在不明 - 大阪市
血液検査結果を保存したUSBメモリが所在不明 - 北野病院