Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

印影など含む帳票を保存箱ごと紛失、誤廃棄か - JAちばみどり

ちばみどり農業協同組合は、2支店において、顧客情報が記載された帳票を保存箱ごと紛失していたことを明らかにした。

同組合によれば、矢指支店と銚子支店において、顧客の氏名や住所、電話番号、印影、口座番号、取引金額などが記載された入力票の紛失が判明したもの。入力票は、払戻しや入金伝票、振込依頼書、為替受信票、融資などを行う際の実行票として利用している。

矢指支店において、2008年5月1日から同年6月30日までに取り扱った帳票や2016年10月3日から同年12月30日までに扱った帳票を紛失。それぞれ1213人分、983人分の個人情報が含まれる。

また銚子支店では、2013年6月20日から同年7月31日までの入力票について所在がわかっておらず、1390人分の情報が記載されていた。

(Security NEXT - 2018/04/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

4郵便局で顧客情報含む書類の紛失が判明 - 日本郵便
教諭が入試応募者データを紛失、無断で設定変更して複製 - 東京都
タイムカプセルのメッセージを紛失、誤廃棄の可能性 - 網走市
個人情報記載の国勢調査書類を紛失 - 龍ケ崎市
中学校で答案用紙データ含む私物USBメモリが所在不明 - 長野市
「麻薬施用者免許」の申請書が所在不明に - 大阪府
個人情報の誤開示やメールの誤送信が発生 - 大阪府
国勢調査の「回答状況確認表」を紛失 - 世田谷区
個人情報含む国勢調査関係書類を紛失 - 堺市
交付前のマイナンバーカード2枚が所在不明に - 茂原市