Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

印影など含む帳票を保存箱ごと紛失、誤廃棄か - JAちばみどり

ちばみどり農業協同組合は、2支店において、顧客情報が記載された帳票を保存箱ごと紛失していたことを明らかにした。

同組合によれば、矢指支店と銚子支店において、顧客の氏名や住所、電話番号、印影、口座番号、取引金額などが記載された入力票の紛失が判明したもの。入力票は、払戻しや入金伝票、振込依頼書、為替受信票、融資などを行う際の実行票として利用している。

矢指支店において、2008年5月1日から同年6月30日までに取り扱った帳票や2016年10月3日から同年12月30日までに扱った帳票を紛失。それぞれ1213人分、983人分の個人情報が含まれる。

また銚子支店では、2013年6月20日から同年7月31日までの入力票について所在がわかっておらず、1390人分の情報が記載されていた。

(Security NEXT - 2018/04/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

複数病院の患者情報含むPCを紛失 - 千葉県
マイナンバーなど個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 前橋市まちづくり公社
飲食店で患者情報を鞄ごと紛失 - 総合メディカル
患者情報含む私物USBメモリを紛失 - 広島大病院
小学校で児童の名簿や写真が所在不明に - 大阪市
生活保護受給者の個人情報含むノートを紛失 - 大阪市
健康状態など緊急患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 江戸川病院
事務所移転時に健診予約者情報含むPCを紛失
ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市