Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中学校で貸出データ含む図書室設置PCが盗難 - 名古屋市

名古屋市の市立中学校において、生徒の個人情報が保存された図書貸し出し用のパソコンが所在不明になっている。

同市によれば、所在がわからなくなっているのは図書室に設置された図書貸し出し用のデスクトップパソコン。2月26日から3月1日までの間に何者かによって持ち去られたという。

問題のパソコンには、2017年度の在校生615人分の氏名、学年、学級、出席番号のほか、生徒の入学時からの図書貸し出しデータが保存されていた。パソコン内の個人情報には、パスワードが設定されているが、パソコンに盗難防止用のワイヤーなどは設置していなかった。

図書室の出入口や窓などが破壊された形跡は残っておらず、校内からパソコンを発見できなかったことから、同校では3月15日に警察へ被害届を提出。今回の問題を受け、保護者に対しても説明会を行うとしている。

(Security NEXT - 2018/03/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

乳児家庭訪問事業で調査票14人分が所在不明 - 西宮市
廃棄PCの紛失を公表、個人情報含む可能性 - 岩手の障害者支援施設
医師がワクチン接種予診票を地下鉄内で紛失 - 商業施設トイレで見つかる
患者情報含むUSBメモリがスタッフルームで所在不明に - 福大筑紫病院
生徒から回収した同窓会登録用紙が所在不明に - 大阪府立高
個人情報含むデジカメ紛失、文化財調査の移動中に - 府中市
個人情報を含む行政文書が所在不明に、文書移管時に判明 - 奈良県
民生委員の閲覧名簿が市庁舎内で所在不明に - 函館市
ワクチン接種会場で名簿紛失、被接種者の返却書類に - 名古屋市
通学バス委託先で児童の個人情報含むメモを紛失 - 大阪府