Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

産総研のネット接続再開に目処 - 他国立研究開発法人では被害確認されず

産業技術総合研究所が2月に不正アクセスを受け、インターネット接続を遮断している問題で接続再開に目処が立ったことが明らかになった。

問題となった不正アクセスは、産総研において2月6日に確認したもの。重大なセキュリティインシデントであると判断し、知的財産や個人情報の漏洩の可能性も含めて影響の範囲や原因などの調査を進めている。

産総研では、インターネット接続を遮断し、安全を確認できた業務システムより順次再開する方針を示していたが、管内閣官房長官は3月15日の記者会見で、インターネット接続についても目処が立っているとの報告を受けていることを明らかにした。

また内閣サイバーセキュリティセンターにより調査を実施し、ほかの主要国立研究開発法人において同様の被害が発生していないことを確認したという。今回の問題を受けて管氏は、サイバーセキュリティの脅威が飛躍的に高まっているとの認識を改めて示し、政府としてもしっかり対応していくことを強調した。

(Security NEXT - 2018/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報流出でサクソバンク証券に業務改善命令
SBI証券で偽口座宛に約1億円の不正出金 - PWリスト攻撃増加、警戒中に発覚
地ビール通販サイトに不正アクセス - 偽画面でクレカ情報窃取被害
不正アクセスでスパムの踏み台に - 東松山市社会福祉協議会
データ削除済みの旧通販サイトに対する不正アクセスが判明 - ニッスイ関連会社
不正アクセスで個人情報の削除被害 - 韓国農水産食品流通公社
犬猫関連グッズのサイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
ネットショップに不正アクセス - ウェスティンホテル大阪
口座開設申込者の個人情報が流出した可能性 - 商品先物取引業者
不正アクセスでスパム送信の踏み台に - バイク修理業者