Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JNSA、公開鍵暗号技術を考えるセミナーを都内で開催

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は、「PKI Day 2018」を4月17日に都内で開催する。

同イベントでは、「超スマート社会(Society 5.0)におけるトラストの在り方」をテーマに、今後迎えるIoT社会において、暗号技術やPKIが果たす役割について議論する。

京都大学公共政策大学院教授の岩下直行氏による基調講演をはじめ、セコムIS研究所の伊藤忠彦氏や、インターネットイニシアティブの須賀祐治氏が登壇。午後には、東邦大学理学部准教授の金岡晃氏や、富士通の小谷誠剛氏による講演のほか、パネルディスカッションなども予定している。

会場はヒューリック浅草橋ビル。定員は132人で、参加費は無料だが事前申込が必要。詳細はイベント案内ページから。

(Security NEXT - 2018/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

狙われるZyxel製ネットワーク管理製品の脆弱性 - ボットネットも標的に
国内暗号鍵管理市場は3.3%成長 - DLPは横ばい
クラウド上の機密データ、暗号化している組織は約半数
「PCI PIN Security」の日本語審査を提供 - NTTデータ先技
入退管理システムのセキュリティ要件でチェックリスト - IPA
複数ポートで「Mirai」のアクセス増を観測 - ブロックチェーン「EOS」の秘密鍵狙う動きも
SSL/TLSを取り巻く状況や鍵管理に関する文献調査を実施 - IPA
県立校のセキュリティ監査を実施、7割強に問題 - 佐賀県
情報漏洩対策製品の国内市場、2017年は前年比2%増
コネクテッドカーへのサイバー攻撃、約8割「標的になると思う」